【最新刊】タイド

リング
6冊

著者:鈴木光司

734円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

高山竜司と二見馨という二人の男の人生を生きた記憶を持つ予備校講師の柏田誠二は、生徒から持ち込まれた相談をきっかけに貞子の呪いの真実を知り、自らの役割を自覚する……『リング』から続く怨念の正体とは!?

続きを読む

レビュー

3.8
318
5
99
4
105
3
84
2
21
1
9
レビュー投稿
  • 2019/07/09Posted by ブクログ

    内容
    科学者の父親と穏和な母親に育てられた医学生の馨にとって家族は何ものにも替えがたいものだった。しかし父親が新種のガンウィルスに侵され発病、馨の恋人も蔓延するウィルスに感染し今や世界は存亡の危機に立...

    続きを読む
  • 2019/07/09Posted by ブクログ

    内容
    幼い息子を海で亡くした監察医の安藤は、謎の死を遂げた友人・高山竜司の解剖を担当した。冠動脈から正体不明の肉腫が発見され、遺体からはみ出た新聞紙に書かれた数字は、ある言葉を暗示していた。…「リング...

    続きを読む
  • 2019/07/09Posted by ブクログ

    内容
    同日の同時刻に苦悶と驚愕の表情を残して死亡した四人の少年少女。雑誌記者の浅川は姪の死に不審を抱き調査を始めた。―そしていま、浅川は一本のビデオテープを手にしている。少年たちは、これを見た一週間後...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード