【最新刊】紙の砦

紙の砦

手塚 治虫

330円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

太平洋戦争の末期、戦火にさらされた大阪の町で、すきっ腹をかかえながら好きな漫画の道にうちこむ一人の少年がいた……。表題作「紙の砦」他、巨匠手塚治虫が青春時代の思い出を綴った6編を収録して贈る自伝的作品集!

続きを読む
ページ数
191ページ
提供開始日
2000/01/01
連載誌/レーベル
手塚治虫漫画全集
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.3
9
5
4
4
4
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2010/09/27Posted by ブクログ

    実際に戦争を経験したことのある人の体験談と言うのは貴重だと思う。 特に、この作品のように絵で具体的に描かれると、身に染みてわかる。 
    敵軍の兵士を日本でめった打ちにしたとき、そのあまりの無残さに、その...

    続きを読む
  • 2010/04/29Posted by ブクログ

    大寒鉄郎が登場する手塚治虫の自伝的作品。自身の戦争体験を生々しく描いており、中でも、教官にばれないようにトイレの壁に作品を貼っていた話、灯火管制がとかれた街の灯を見て終戦を悟った話は有名です。最後は何...

    続きを読む
  • 2007/08/06Posted by ブクログ

    8月になると戦争のことを考えます。経験をしたことのない私が何度考えても考えすぎることは決して無いのです。
    戦争は愚かなことです。戦争をしないためには軍隊を持たないこと。憲法9条を厳守することが近道だと...

    続きを読む
開く

セーフモード