陽だまりの樹 1巻

手塚 治虫

330円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

蘭学医・手塚良仙の息子の良庵と、府中藩士の伊武谷万二郎は、美女・おせきをめぐって犬猿の仲。そんな最中、良庵は適塾で蘭学を学ぶため、大坂へ旅立つ。幕末に実在した著者の曽祖父をモデルにする長編歴史作品・第一弾。

続きを読む
  • 陽だまりの樹 全 11 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    陽だまりの樹 全 11 巻

    3,630円(税込)
    36pt獲得

レビュー

3.7
4
5
1
4
1
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2008/04/28Posted by ブクログ

    1981年から5年半に渡って連載された歴史長編。幕末好きの僕にとってはそれだけでも愛すべき作品なのですが、見事すぎる物語の巧みな構成と登場人物それぞれの魅力(義理に生きる伊武谷万次郎と人情に生きる手塚...

    続きを読む
  • 2012/05/11Posted by ブクログ

    <全11巻通してのレビュー>
    面白く一気に読める。

    無骨で真面目な下級藩士である万二郎と遊び人の蘭方医である良庵の二人が主人公。幕末という時代で、開国、徳川崩壊という変局に直面した武士と、漢方医が主...

    続きを読む
  • 2008/04/12Posted by ブクログ

    このシリーズも途中から購入しだして、単行本の出るのが楽しみだった記憶。手塚先生のルーツを探るのと、幕末の人間ドラマがダブる。思えば、どんな人にもルーツがあって、教科書の歴史の時代にも、自分の親の親のそ...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000001396","price":"330"}]

セーフモード