【完結済み】陽だまりの樹 1巻

陽だまりの樹

完結

手塚 治虫

330円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

蘭学医・手塚良仙の息子の良庵と、府中藩士の伊武谷万二郎は、美女・おせきをめぐって犬猿の仲。そんな最中、良庵は適塾で蘭学を学ぶため、大坂へ旅立つ。幕末に実在した著者の曽祖父をモデルにする長編歴史作品・第一弾。

続きを読む
ページ数
253ページ
提供開始日
2000/01/01
連載誌/レーベル
手塚治虫漫画全集
  • 陽だまりの樹 全 11 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    陽だまりの樹 全 11 巻

    3,630円(税込)
    36pt獲得

レビュー

  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    婚礼直後、綾が万二郎に離縁状渡されたときに初めて声を出した場面。
    良仙が万二郎に線香あげにきた西郷に畳み掛ける場面。
    この二箇所で号泣。

    良仙は最後に素晴らしいことを言ったなぁ。「歴史にも書かれねえ...

    続きを読む
  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    個人的には『火の鳥』と同じくらい惹きつけられた作品。手塚治虫のファミリーヒストリー。勧善懲悪的な世界観とは一線を画し、感情に左右されたり、保身に執着したりする人間模様が描かれている。迷信や既得権益の維...

    続きを読む
  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    1981年から5年半に渡って連載された歴史長編。幕末好きの僕にとってはそれだけでも愛すべき作品なのですが、見事すぎる物語の巧みな構成と登場人物それぞれの魅力(義理に生きる伊武谷万次郎と人情に生きる手塚...

    続きを読む
開く

セーフモード