アドルフに告ぐ 1巻

手塚 治虫

330円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

神戸に住むドイツ領事の息子のアドルフは、パン屋の息子でユダヤ人のアドルフを通じて、アドルフ・ヒットラーの秘密を知る。その秘密とは…!?第二次世界大戦を背景に、三人のアドルフの運命を描く著者の代表作・第一弾。

続きを読む
  • アドルフに告ぐ 全 5 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    アドルフに告ぐ 全 5 巻

    1,650円(税込)
    16pt獲得

レビュー

  • 2010/04/22Posted by ブクログ

    この作品は、3人のアドルフの生涯が描かれているが、彼らは主役ではない。私が考える主役は、やはり峠ではないだろうか。

    峠は亡き弟からヒットラーの生い立ちに関する秘密文章を入手するが、その文章が原因で国...

    続きを読む
  • 2009/06/19Posted by ブクログ

    青年アドルフ・カウフマン。ドイツと日本という二つの血が流れる彼は、AHSでの教育によってナチズムに傾倒し、多くのユダヤ人を殺害、また収容所へと送り込みます。それを描写する一コマ一コマからは、ドイツの同...

    続きを読む
  • 2009/12/12Posted by ブクログ

    第二次世界大戦前後、ナチスの台頭から終焉までを背景として、日本とドイツで繰り広げられる人生劇場。アドルフ・カウフマン、アドルフ・カミル、アドルフ・ヒットラーの3人を主軸に添えた、ドイツ人、ユダヤ人、そ...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000001226","price":"330"}]

セーフモード