きりひと讃歌 4巻

手塚 治虫

330円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

外国の小さな村にいた桐人は、竜ヶ浦教授の裏切りを知った!急ぎ帰国した桐人は、今や野望をとげ、日本医師会会長の座を手に入れた竜ヶ浦に復讐を誓うのだった!感動の大河ヒューマン・ドラマ、堂々の完結編!!

続きを読む

無料・試し読み増量 全1冊

  • きりひと讃歌 全 4 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    きりひと讃歌 全 4 巻

    1,320円(税込)
    13pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(6件)
  • 2012/04/07Posted by ブクログ

    あとがきに、小学館の編集に早く主人公の顔を普通に戻して欲しいと言われたが最後まで譲らなかったとのエピソード。
    手塚はいつも自意識が問題だなと感じる。
    今回のモチーフは公害。公害は戦争と同じだと言う。手...

    続きを読む
  • 2007/01/25Posted by ブクログ

    2007. 01. 24. 誰独り救われぬまま、怒濤のように邁進してきた物語は、最後の最後で見事な大団円を遂げる。心からの拍手と安堵と、そして作者への賛辞というよりは感謝すら覚える。完璧なるカタル...

    続きを読む
  • 2016/08/30Posted by ブクログ

    人間が病気と闘って、克服していく物語だとどこかで思っていた。だけど、それは大きな間違いだったのではないかと思う最終巻。少ないながら今まで読んだ手塚治虫作品では1番面白かった。

開く

セーフモード