シャーロック・ホームズの最後のあいさつ【阿部知二訳】

シャーロック・ホームズの最後のあいさつ【阿部知二訳】

コナン・ドイル 訳:阿部知二

330円(税込) クーポン利用で165円獲得へ
1%獲得

3円相当(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 165(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/09/30 23:59 まで有効

獲得

ここに名探偵シャーロック・ホームズは、全世界の読者にむかって最後のあいさつをおくることになった。ドイル晩年の第四短編集で、1908年から1917年へかけて発表された全7編を収録する。怪奇小説的な展開を示す「藤(ウイスタリア)荘」、希代の悪党を向こうにまわしてホームズが秘策をねる「フランシス・カーファクス姫の失踪」、下宿人の不審な挙動から真相に到達する「赤輪党」、恐怖の一夜の怪をさぐる「悪魔の足」、切り取った耳が送られてくる不気味な発端の「ボール箱」、そして「シャーロック・ホームズの閉幕詞」と題された「最後のあいさつ」等、ホームズにはじまり、ホームズにつきるとまで絶賛される本格的短編の粋!他、「ブルース=パーティントン設計書」「瀕死の探偵」収録。

続きを読む