【最新刊】ソーンダイク博士の事件簿 (2)

ソーンダイク博士の事件簿

オースチン・フリーマン 訳:大久保 康雄

550円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    前集に引きつづきソーンダイク博士の活躍する、倒叙ものと謎解きもの。法医学探偵の面目を伝える秀作群。「パーシヴァル・ブランドの替玉」「消えた金融業者」「ポンティング氏のアリバイ」「パンドラの箱」「フィリス・アネズリーの受難」「バラバラ死体は語る」「青い甲虫」「焼死体の謎」「ニュージャージー・スフィンクス」の粒より九編を収録。

    続きを読む
    ページ数
    323ページ
    提供開始日
    2000/01/01
    連載誌/レーベル
    創元推理文庫
    出版社
    東京創元社
    ジャンル
    文芸
    • ソーンダイク博士の事件簿 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ソーンダイク博士の事件簿 全 2 巻

      1,100円(税込)
      11pt獲得

    レビュー

    • 2008/08/02Posted by ブクログ

      『パーシヴァル・ブランドの替玉』
       購入された骨格標本。標本を使った替え玉。

      『消えた金融業者』
       借金の取り立てに追われた男。金融業者を誤って殺害してしまったことから替え玉を・・・。

      『ポンディ...

      続きを読む
    • 2010/12/19Posted by ブクログ

      推理小説に科学的捜査を持ち込んだフリーマンの短編集。

      ホームズのヒットで数多生まれた名探偵の1人・ソーンダイク博士が科学的な捜査を経て犯人を指摘していくのだけれど、きちんとその過程を読み手にも分かる...

      続きを読む
    • 2011/02/27Posted by ブクログ

      歌う白骨がすこぶる良かった。
      久しぶりに濃厚な探偵小説!を読んだ気がする。
      ラストの余韻が詩的で、なんともいえない味わいがある。
      名品。

    開く

    セーフモード