魔術師

江戸川 乱歩

330円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『蜘蛛男』事件を終えて休養のために湖畔のホテルへやってきた明智小五郎。彼はそこで会った大宝石店の令嬢玉村妙子に、いつしか憎からぬ感情を抱くようになった。それも束の間、一足先に帰京した妙子の要請で明智はまたもや事件の捜査に乗り出さなくてはならなくなった。異常なまでの復讐心に燃える魔術師との死闘!挿絵・岩田専太郎

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    11
    5
    1
    4
    6
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/10/31Posted by ブクログ

      江戸川乱歩は大好きで、子供のころからよく読んでいた。大人になると、子供の頃ほど何を読んでもワクワク…というのはなくなったなぁ。まあまあ面白かったが、犯罪の謎解きでは、そんな方法でこんな殺人が起こせるの...

      続きを読む
    • 2014/10/01Posted by ブクログ

      明智小五郎シリーズ、初めて読んだ。で、とにかく素敵なのは1930年初出連載当時の挿し絵や次回予告なんかがきっちり載っていること!ちょっと古風な文章・古めかしい大復讐劇と相まって「探偵小説」のロマンたっ...

      続きを読む
    • 2014/07/06Posted by ブクログ

      蜘蛛男から続く活劇シリーズ。
      残虐無比な悪漢の娘との禁断のロマンス。
      創元推理文庫版は当時のイラストが豊富に掲載されておりこちらも楽しめる。

    開く

    セーフモード