歯車 他二篇

芥川竜之介

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ここに収めた三篇は,いずれも作者最晩年の代表作.『玄鶴山房』の暗澹たる世界は,作者の見た人生というものの,最も偽りのない姿であり,『歯車』には自ら死を決意した人の,死を待つ日々の心情が端的に反映されている.『或阿呆の一生』は,芥川という一人の人間が,自らの一生に下した総決算といってよい. (解説 中村真一郎)

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/12/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/06/03Posted by ブクログ

      「歯車」の細部の連関ぶりは、瞠目すべきものがある。
      すでに我々が芥川の自殺を知っているからではなく、あまりに緊密な細部がひとえに〈死〉の縁へと集まり、〈死〉に張り付く異様な様がひどくパセティックである...

      続きを読む
    • 2013/04/23Posted by ブクログ

      表題作である『歯車』について。

      病んでます。これに尽きる。かと言って、
      病的な美しさがあるのかと言えば、そうでもない。
      なんと表現したらいいものか、言葉に詰まります。

      ただ、なんとなく歪んだ世界が...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000000340","price":"440"}]

    セーフモード